日向坂46『キツネ』のコールはこれだ!

ファンA
日向坂46のライブに行きたいんだけどコールがわからなくて……

という方のためのコール紹介記事です!

 

今回は、2nd single『ドレミソラシド』のカップリング曲『キツネ』のコールを紹介します。

 

「キツネ!」コールが楽しい楽曲ですので、ばっちりコールを覚えてライブを100倍楽しんじゃいましょう!

 

スポンサーリンク

『キツネ』のコールはこれだ!

引用:https://natalie.mu/music/news/336391

それでは早速『キツネ』のコールを紹介します。

 

歌詞に沿ってマーカーが引かれている部分は「一緒に歌う」ところ。

カッコで囲まれている部分は「合いの手」です!

 

いくつかに分割して紹介しますね。

 

『キツネ』のコール~1番~

引用元:日向坂46,『キツネ』/作詞者:秋元康 歌詞を一部抜粋

あやなつ
まずは出だし~1番を紹介します!
出だしから英語!?」と躊躇してしまうかもしれませんが、メンバーも歌っている部分ですし簡単な単語ですので是非大きな声で歌っていきましょう!!
基本的に「キツネ」と「HEY!」が多く登場します。
 

『キツネ』のコール~2番~

引用元:日向坂46,『キツネ』/作詞者:秋元康 歌詞を一部抜粋

あやなつ
続いて2番です!
1番とほとんど同じです!
 

『キツネ』のコール~終盤~

引用元:日向坂46,『キツネ』/作詞者:秋元康 歌詞を一部抜粋

あやなつ
ラストです!
ここでのポイントはやはり「コンコンコンコンコーン!」ではないでしょうか!
これを声高らかに決められると……気持ちいい!!(笑)
テンションも最高潮になりますよ!!
 

『キツネ』のコールのポイントはこれだ!

引用:https://natalie.mu/music/news/336391

続いて『キツネ』のコールをする際のポイントを紹介します!

 

「キツネ」は盛り上げるための最大のキーワード

引用:日向坂46『キツネ』,日向坂46 OFFICIAL YouTube CHANNEL

『キツネ』という楽曲ですから、ぜひともキ・ツ・ネ」と合いの手を入れる部分はしっかりと入れていきたいですよね!

サイリウムを片手で持っている人は、もう片方の手でキツネの顔を作ってやるのも良いかもしれません!

 

英語も鳴き声もノリノリで!

引用:日向坂46『キツネ』,日向坂46 OFFICIAL YouTube CHANNEL

「オイオイ!」コールではなく、『キツネ』では「HEY!」とコールします。

 

慣れてないし英語なんて恥ずかしい……」なんて思わずに、ここでしか大きな声で「HEY!」なんて言えませんからしっかり声出していきましょう!(笑)

さらに「コンコンコンコンコーン!」と鳴き声の合いの手がありますが、ここはメンバーも歌っていますし、一緒に決まったら気分があがること間違いなし!

 

コールよりも大切なものは○○!

ライブを見るのに❝コール❞ももちろん大切ですが……

それよりも自分自身が楽しむ気持ちが大切です!!

気分があがれば、自然と声も出てしまうものです。

あまり型にとらわれず、自由に楽しんでくださいね!

 

スポンサーリンク

日向坂46『キツネ』のコールはこれだ!の記事まとめ

引用:https://natalie.mu/music/news/336391

日向坂46の『キツネ』のコールを紹介しました。

 

コールは楽曲や自分自身を盛り上げるための手段の一つです。

しかし、あまりこだわり過ぎるとせっかくのライブなのに「間違えちゃった、どうしよう」とか余計な心配をしてしまうので気楽に行きましょう!

あやなつ
「HEY!」って言えると気持ち上がる~!!
 
『キツネ』はカップリング曲ではありますが、キャッチ―なメロディーに盛り上がる要素盛りだくさんの楽曲です。
ですので今後ライブのボルテージを上げるために多く披露される楽曲の1つになるのではないでしょうか?
色々な曲のコールを覚えて、日向坂46のライブを目いっぱい楽しみましょうね!
 
以上、『日向坂46『キツネ』のコールはこれだ!』の記事でした。
 
関連記事

アイドルのライブを盛り上げるために必要なことといえば…… そう、コール!! もちろん日向坂46のライブでも曲ごとにコールが存在しています。 あやなつ 慣れるまでが大変だけど覚えるとめちゃくちゃ楽しくなるよね! […]

 

アイキャッチ画像の引用:https://natalie.mu/music/news/336391

 

この記事を書いた人

あやなつ

ライター初心者のアラサー主婦。千葉県出身都内在住。夫婦で音楽オタクです。

泥臭いロックが好きだった10代~20代前半。 いつしかアイドルの一生懸命さに胸打たれるようになり、自分の歳を考えるようになりました。

普段からTwitterでポツポツと呟いております→→→ @ayanatu46

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク